汗と漢方のお話・漢方情報サイト・MY漢方 本文へジャンプ
漢方情報サイト・MY漢方>>皮膚症状を漢方で>>汗と漢方のお話

汗と漢方のお話


多汗症治療の漢方 汗をかくのは、体温調節のためなのはご存知の方が多いと思います。主に、気温が高い時や運動後、カゼやインフルエンザで熱が高くなった時に汗をかいていると思っている方が多いようですが、じっとしている時や寝ている時も自然に汗をかいています。
多汗症に漢方薬

 夏になっても、あまり汗をかかない人、夏でも血圧が低めの人、夏でも冷えている人は、夏に体調不良になる方が多いので、適度な運動をして汗をかくようにするとよいと言われています。
 
 また、緊張したり、不安を感じた時に、手足に汗をかく時もあります。じっとりとした嫌な感じの汗をかく時もあると思います。

 このような汗も突発的であったり、一時的な症状で、短期間で治れば、それほど気にならないと思います。しかし、過剰な汗が続いている方は、不快であったり、人の目が気になったりと、日常生活や仕事、学校生活などに支障を感じている場合が多いようです。

 全身性の汗は、体温調節や老廃物の排泄などを主に行っていますが、手や足の裏の過剰な汗は、自律神経系のバランスの乱れによる場合が多いです。更に過剰に汗をかくことによって、冷えを感じている方も多いです。冬は特に体が冷えやすくなり、様々な不調や重篤な疾患の原因となりやすいので、漢方薬などによって、バランスを整える事が大切です。

 漢方では、未病(病気の一歩手前の状態)を改善する事で、病気を予防したり、症状が悪化するのをしようという考え方があります。

 過剰な発汗や極端に少ない汗も体調不良を招きやすく、未病のサインとして考える場合が多いです。

 例えば、カゼ症状の時も、汗をかいている状態や汗をかいていない状態などによって、処方を選択します。


【汗をかきやすい体質・多汗症】


 気温の変化や運動に関係なく、汗をたくさんかくという方からのご相談があります。
においが気になる方や滝のように噴出すので人目が気になるなどのご相談が多いです。
 発汗を抑えるというのではなく、体のバランスを整える事により、発汗の状態を正常な状態に整えるように作用する漢方薬が効果的です。

 
頭、顏、わきの下、手の平と汗をかきやすい部分も様々ですので、症状や体質に合わせた漢方薬を処方致します。

【緊張したり、ストレスを感じると汗をかく・多汗症・手掌多汗症など】

手掌多汗症に漢方薬
 手の平や足の裏に異常に汗をかくという状態をいいます。緊張するとかくという方や特に緊張やストレスを感じていなくても汗をかいて気になるという方のご相談があります。
 
人と手をつないだり、握手をすることに苦痛を感じたり、書類などが汚れてしまい仕事に支障が出ると悩む方が多いです。
 
細かな問診などにより、一人ひとりの症状や体質の違いに合わせた漢方薬を処方致します。

多汗症に漢方



多汗症に漢方


【更年期の汗やほてり・ホットフラッシュ】更年期の汗に漢方薬
 突然、かっと火照ったり、のぼせたりして大量の汗をかく状態を「ホットフラッシュ」と呼びます。卵巣機能の衰え、ホルモンバランスの乱れることにより起こるようです。、ホルモンバランスを整え、体質改善の効果のある漢方薬や症状に合わせた漢方薬を処方致します。

多汗症に漢方



関連ページ


【気持ちの悪い汗・寝汗など】

 体調が悪い時、風邪をこじらせた時などにかく、じっとりした感じの気持ちの悪い汗、下着がぐっしょりするような汗は、体力の低下などが原因となっている場合が多いです。
 体調を整える漢方薬などが効果的です。
 
 ご高齢の方や大病をされた方のご相談も受付ております。




【全国どこでもオンライン診療】


 
遠方で来院が難しい方には、自宅や職場などでできるオンライン診療が好評です。

オンライン診療について詳しくは、コチラ

全国オンライン診療













多汗症に漢方
関連ページ「多汗症・手掌多汗症に漢方」



多汗症に漢方

新潟の漢方外来



男性のスキンケア漢方男性のスキンケア            青年性扁平疣贅青年性扁平疣贅





漢方情報サイト・MY漢方

新潟県新潟市南区(旧白根市)
上下諏訪木731−1

新潟の漢方外来


新潟の漢方外来


多汗症に漢方
多汗症に漢方





病院の漢方が人気の理由
保険適用の漢方
健康保険適用なので続けやすい       




水戸部クリニックモバイル
漢方ブログ
漢方ブログ



 
漢方診療の日々や美肌、アンチエイジングまで
アトピー性皮膚に漢方  
 
 
   
全国オンライン診療【自宅や職場で診察】
 
「オンライン診療」

お電話、メール等でお問い合わせ下さい。


電話
025-372-0755
 水戸部クリニックHOMEこんな症状に漢方女性の漢方子供の漢方皮膚症状を漢方で水戸部クリニック診療案内健康についてのお話漢方について水戸部クリニックサイトマップ