本文へジャンプ
水戸部クリニックHOME>>こんな症状に漢方>>インフルエンザと漢方

インフルエンザと漢方 いつでも麻黄湯でよいのでしょうか?

 インフルエンザ症状に漢方薬が効果が高いということをご存知の方が多くなりました。漢方薬による治療を希望される方が多くなり、特に「麻黄湯はどうですか」と言われる方がいらっしゃいますが、インフルエンザ症状には、いつでも麻黄湯の服用がよいのでしょうか?インフルエンザ症状に漢方薬が効果的な理由と共に「麻黄湯」についてのお話を致します。


 HPが移動しました

 http://mitobe-clinic.life.coocan.jp/flu.htm



 ←スマホサイトこちら



漢方は自然治癒力を固めることで、インフルエンザ症状を解熱、回復へ
 
 
漢方は、人間が本来持っている自然治癒力を高めることにより、解熱・回復へと導きますので、耐性菌にも効果的です。漢方薬は、小さな子供さんやご高齢の方まででも服用できます。


比較的体力の消耗が少ないので回復が早い


 解熱が早い場合が多いので、比較的体力の消耗が少なく、「以前にインフルエンザに罹った時よりも体が楽!!」という方が多いです。体にやさしいので乳幼児の方からご高齢の方まで服用可能です。(妊婦さんや授乳中の方にも好評です。)

インフルエンザに麻黄湯といわれていますが・・・


 昨今、「インフルエンザには麻黄湯が効く」との情報があるようですが、インフルエンザ症状を漢方の視点で診ますと症状や体質に違いがあり、いつでも「麻黄湯」がよいとは限らないと思います。インフルエンザ症状や風邪症状の場合でもその時の体質や症状に合った漢方薬を服用しませんと症状が悪化してしまったり、思わぬ症状が現れてしまうことがありますので、注意が必要です。
 
麻黄湯が効果的な時とは・・・
 
 「寒気が強く汗をかいていない状態で、体に熱がこもっている。どちらかとういうと元々の体力はあるほうである。」このような状態のインフルエンザ症状でであれば、麻黄湯でも効果があると思います。しかしインフルエンザ症状は、その時、その方の体質によっても異なり、様々ですので、全ての方がこの状態にあてはまる訳ではありません。
 例えば、「汗をたくさんかいている」、「熱感だけで、寒気はしない。」、「体力がなくぐったりしている」などの状態でしたら、
効果があまり感じられないばかりか、場合によっては、症状を悪化させてしまうことがあります

漢方はタイミングが大切

 症状と体力などの状態に合わせて漢方薬を選択する必要があります。麻黄湯に限らず、体力や体質に合わせた漢方薬を服用しませんと期待した効果が得られなかったり、症状が悪化することがあります。

初期のインフルエンザ症状


症状と体力などの状態に合わせて漢方薬を選択します。
        

 悪寒がする
 発熱
 頭痛
 関節痛などの急性症状

などには、体を温め発汗を即す漢方薬を一人ひとりの体の状態に合わせて選択します。

漢方では発汗を即して解熱させる    汗をかくたびに熱が下がる
       →      

 体質・体力の状態により解熱するまでの期間に差がありますが、通常よりも早く解熱する場合が多いです。
 
特に受験生や卒業式などの学校行事や仕事の関係などで忙しい方や早い解熱を希望する方々にとても喜ばれています。

激しい頭痛・眼を開けていられない程の激しい痛みを伴う場合

 
高い熱に眼を開けていられない程激しい頭痛を伴う方が多くみられるようになりました。今年は、新型インフルエンザの方にこのような症状の方が多いようです。「鎮痛剤もあまり効果がなく、発熱よりも眼の痛みがつらい」などこのような症状にも漢方薬は対応しています。

なんとなくスッキリと治りきれていない時

 微熱が続く
 発熱と悪寒を繰り返す
 口が苦い
 食欲がない
 便秘(発汗により体内の水分が少なくなったために起こった場合)
などの症状には、それぞれの症状や体力の状態に合わせた漢方薬を選択します。


熱は下がっても・・・こじれた状態の時

 のどが痛い、咳が出て苦しい・・・咳の程度や痰の状態に合わせた漢方薬を選択します。従来通りの咳止めなどと漢方薬の併用も可能です。
鼻水・鼻づまりなど・・・鼻の症状に合わせた漢方薬で改善することが多いです。
食欲が出ない・・・胃腸の機能を整え、体力の改善効果の高い漢方薬の服用により改善する方が多いです。
倦怠感が取れない・・・免疫力や体力の改善効果の高い漢方薬の服用により、体全体の回復が早くなる方が多く、大変好評です。


 上記以外にも症状は、様々です。その多様な症状に細やかに対応して回復力を高める作用が漢方薬にはあります。

漢方薬は眠くなりません

 
漢方薬による眠気は起こりませんので、受験生や車の運転をする方にも安心です。


インフルエンザに対する漢方薬の効果

 漢方薬は、従来の抗インフルエンザ薬とは異なる作用で解熱します。抗インフルエンザ薬は、インフルエンザウイルスに直接働きかけるので、同じ薬を長い年月を経て使用し続けている間にその薬に抵抗を持つ耐性菌が生じます。
 漢方薬は、患者さん自身が持つ自然治癒力を高めることにより解熱・回復へと導きますので、インフルエンザの型に対してではなく、患者さんのその時の症状に合わせて処方を選択しています。


漢方は経済的!!

 健康保険が適用になりますので、個人で購入される場合の数分の1以下です。

 インフルエンザは風邪じゃない!!(健康についてのお話)もご覧下さい。


 インフルエンザの予防接種を受付けております。
  
(10月1日〜12月末)
接種代金等につきましては、お問い合わせ下さい。







風邪に漢方      漢方でみる赤い風邪と青い風邪



漢方のお医者さん 水戸部クリニック

内科・消化器科・漢方内科
新潟県新潟市南区上下諏訪木731−1
025−372−0755

漢方外来を受診の方 受付で「漢方外来希望」とお伝えください。漢方問診表に記入をお願いしております。
 
新潟市中央区からの方は、8号線を白根方面へ  北区、東区からの方は、新潟バイパスを黒崎I.Cで8号線
江南区からの方は、403号線から460号線、8号線へ 秋葉区からの方460号線から8号線を白根方面へ
西区からの方は、西新潟バイパス黒崎I.Cから8号線または、44号線を厳念寺を右折66号線、橋を渡って白根市街((からですとわかりにくい道ですが、早いです)  
西蒲区の方460号から8号線

妙高、柏崎、長岡方面からの方は、三条燕I.Cで高速を降りて8号線の方がわかりやすいです。(長岡の方は、一般道からで十分だそうです。)

村上、胎内方面からの方は、日本海東北自動車道や新新バイパス等より8号線で受診されていらっしゃいます。

水戸部クリニック周辺地図はコチラをご覧下さい。


内科・消化器科・漢方内科 水戸部クリニック
新潟県新潟市(旧白根市)南区上下諏訪木731−1
025−372−0755



漢方薬が人気の理由






健康保険適用です。





水戸部クリニック携帯サイト
携帯サイト


    
    


毎日が漢方
漢方ブログ


     
   
































 水戸部クリニックHOMEこんな症状に漢方女性の漢方子供の漢方皮膚症状を漢方で水戸部クリニック診療案内健康についてのお話漢方について水戸部クリニックサイトマップ