本文へジャンプ
水戸部クリニックHOME対する効果

アトピーや掌蹠膿疱症のステロイド離脱を漢方で 

漢方で脱ステロイドをめざしましょう


 アトピー性皮膚炎などの皮膚科症状で、ステロイド軟膏などを中止したい方や漢方薬の効果についてのご質問が多い内容を掲載しました。
 ステロイド離脱によるリバウンドに不安を感じる方に漢方薬の併用をお奨め致します。漢方薬を併用することで、アトピーなどの皮膚科症状が改善されることで、リバウンド症状が起こってもが軽減される場合が多く、ゆっくりとステロイド離脱ができる方が多いです。
 また、ステロイド軟膏などを使わない治療を受けたい方、アトピーなどの皮膚症状に対しての漢方薬の効果を知りたい方が多いです。




【ステロイド外用剤の効果】 

ステロイド外用剤によって
炎症が抑えられる
短期間の使用なら効果的


  

 
【ステロイド中止のリバウンド】

 
皮膚表面はきれいに見えても
 皮膚の深い部分に滞っている炎症

 ステロイド剤を塗るのを止めると噴き出す(リバウンド)



 
  長期間使用すると、皮下に抑え込まれた炎症が溜まり、
体の中の浄化作用が追いつかなくなる


【皮膚炎に対する漢方薬】 

皮膚表面に対する処方と体の内側に対する処方(主に体質改善)を考えます。

【皮膚表面の炎症に対しての漢方】

 下記に簡単にご説明しますが、実際には、皮膚の多様な状態に対応してより細やかに漢方薬の処方を選択しています。ジクジク、化膿には、炎症を鎮めて乾かす漢方、カサカサには、皮膚を潤す漢方が効果的です。


【ジクジク・化膿が強い皮膚炎】


 
漢方薬は
化膿して皮膚に溜まっているジクジク成分などを体の中に取り込んだり、皮膚表面から発散させるように作用します。

 漢方薬の作用により

炎症物質を外に発散させる働きが高まる



 
 漢方薬が膿など老廃物を

取り込む働きを高める


【赤くなっている
熱をもっている皮膚炎】


 漢方薬が
炎症を抑え熱を冷まし、赤味を取るように作用します。





 




    漢方薬が皮膚を冷ます




カサカサ・乾燥が強い皮膚炎】 

 皮膚表面に潤いを与える漢方薬が効果的

 かゆみが強い場合は、かゆみを抑える漢方




   漢方薬が潤いを与える作用を高める
※アトピー性皮膚炎の方の皮膚は、どのような皮膚の状態の方の場合でも基本的には皮膚は乾燥しています。
西洋薬の保湿剤は、外用剤のみになります。(軟膏、クリーム、ローションなど)
漢方薬には、内服で体の中から皮膚を潤す作用のあるお薬がございます。
 

一番重要なのはこちら!! 「健康な皮膚を作るのは内臓から」

【体の内側から皮膚炎の改善を考える処方】 

 皮膚表面だけの炎症ととらえるのではなく、体の内側のバランスの乱れを整え、体本来の持つ自分で治そうとする力「自然治癒力」を上げるなど体質改善を考えた処方を選択します。

 心のバランスの乱れによる場合・・・ストレスにより悪化する方も多い理由がおわかりいただけると思います

 「皮膚は内臓の鏡」といわれているのをご存知ですか?
 内臓の機能などを改善する漢方薬により免疫力が上がることにより、皮膚症状の改善だけでなくカゼをひきにくくなったり、以前より体調がよくなったと感じる方が多いです。


 腸と皮膚は関係が深いと言われています。例えば、便秘をするとにきびや肌荒れが悪化する方が多いです。便秘や下痢などの症状がない方でも腸のバランスの乱れが体調不良や皮膚の炎症となって表れている方は、漢方薬の服用により、皮膚症状が改善する方が多いです。

 腎系といい、西洋医学でいう「腎臓」とは異なります。この腎系の機能のバランスが乱れている、又は未熟なために皮膚症状を起こしやすい方もいらっしゃいます。

【アトピー性皮膚炎を含め様々な症状の体質改善は、あせらずゆっくりと】
 体の中からの体質改善には、一定の期間が必要になる場合が多いです。症状の程度や体質の違いなどにより改善傾向がみられるまでに長期間を要する方もいらっしゃいます。水戸部クリニックでは、患者さんご自信や保護者の方が疑問や不安を感じられた際にご相談しやすい雰囲気を心がけております。ご遠慮なくご相談下さい。


漢方の入浴剤など

 水戸部クリニックにて、漢方の入浴剤やせっけん、ローションをご紹介しております。クリニックにて購入可能です。保湿効果が高く、乾燥肌の方やアトピー性皮膚炎などの方に大変好評です。

 赤ちゃん(乳幼児期)のアトピー 幼少期・学童期のアトピー 子供のアトピー
思春期以降のアトピー アトピーのかゆみ 目の周りの湿疹・かゆみ
春・夏のアトピー 秋・冬のアトピー 掌蹠膿疱症



思春期以降のアトピー性皮膚炎を漢方で 漢方でアトピー性皮膚炎のかゆみを楽に





漢方のお医者さん 水戸部クリニック
内科・消化器科・漢方内科 
新潟県新潟市南区上下諏訪木731−1
025−372−0755

漢方外来を受診の方 受付で「漢方外来希望」とお伝えください。漢方問診表に記入をお願いしております。
 
新潟市中央区からの方は、8号線を白根方面へ  北区、東区からの方は、新潟バイパスを黒崎I.Cで8号線
江南区からの方は、403号線から460号線、8号線へ 秋葉区からの方460号線から8号線を白根方面へ
西区からの方は、西新潟バイパス黒崎I.Cから8号線または、44号線を厳念寺を右折66号線、橋を渡って白根市街((からですとわかりにくい道ですが、早いです)  
西蒲区の方460号から8号線

妙高、柏崎、長岡方面からの方は、三条燕I.Cで高速を降りて8号線の方がわかりやすいです。(長岡の方は、一般道からで十分だそうです。)

村上、胎内方面からの方は、日本海東北自動車道や新新バイパス等より8号線で受診されていらっしゃいます。

水戸部クリニック周辺地図はコチラをご覧下さい。

※水戸部クリニックHPにおける記述・記載・イラスト(MPCさんのイラストをHP担当が、がんばって加工させていただいております。)など全ての転載を禁止します。

続けられる理由は






漢方薬は健康保険適用です。



【自宅で診察】
 
「遠隔診療」始めました。

診察時にお問い合わせ下さい









携帯サイト引越しました

    
     


毎日が漢方
漢方ブログ始めました  

    毎日が漢方ブログ











新潟のアトピー性皮膚炎なら水戸部クリニック
 水戸部クリニックHOMEこんな症状に漢方女性の漢方子供の漢方皮膚症状を漢方で水戸部クリニック診療案内健康についてのお話漢方について水戸部クリニックサイトマップ