本文へジャンプ
新潟の水戸部クリニックHOME
子供のアトピー性皮膚炎の漢方

ステロイド離脱のために新潟の季節変化に合わせた体質改善の漢方が効果的

 
子供のアトピーを赤ちゃん、乳幼児、小児、学童、思春期に分類して、ご相談が多い症状やスキンケアについてお話します。子供さんのアトピー症状が出現してから、早い時期に漢方薬による治療を行うと、重症化しにくく、大人のアトピー性皮膚炎に移行しにくいという説があります。
 症状が軽い方は短期間の漢方薬の服用や漢方の入浴剤などで、治る方もいらっしゃいますし、ステロイド外用剤等を長期連用していない方の方が改善が早い傾向にありますが、漢方薬は、一時的な皮膚表面の症状のみの改善を目的としているのではなく、皮膚症状を起こす原因となる体質改善を目的としておりますので、長期間の服用が必要になる方もいらっしゃいます。また、アトピーは、季節変化やストレス、食事などによる影響を受けやすいので、その変化に応じて処方を変方したり、生活の指導などを行っております。特に新潟県は、縦に長いですので、地域の気候の違いも考慮して漢方を処方することが多いです。







アトピー赤ちゃん、乳児、幼児期    

 赤ちゃんのアトピーは、生後3ヶ月くらいから、症状が出現する方もいらっしゃいます。ジクジクした湿疹が多く、赤い発疹やタダレやかさぶたが、頬や首筋、脇の下、股、肘などにできます。アトピーによる耳切れのご相談も多いです。漢方薬の内服が必要な方は、母乳、ミルク、離乳食の方などによっても服用方法が異なりますが、味覚の発達が未熟なので、一番飲ませやすい時期です。
 

アトピー幼児、小児期

 
幼児、小児期のアトピーは、皮膚のジクジクした状態が治まり、乾燥性で表面が鳥肌のような状態の皮膚になり、所々に貨幣のような形の湿疹が広がる方が増えてきます。
 自我がめばえ、食べ物の味に対して好き嫌いがはっきりしくてくるので、飲みたがらないお子さんが多くなります。飲みやすい方法を保護者の方とクリニック内の薬剤師で検討しています。


アトピー学童期
 
 炎症の改善、悪化を繰り返す間に皮膚の栄養失調状態に陥っている方が多く、皮膚の乾燥傾向が強くなる方が多くなります。
 皮膚表面がジクジクして、膿などが出ている部分が多い方の皮膚でも皮膚全体は乾燥しています。 漢方薬を飲まなければならない理由を理解できるようになってくるので、幼児期の時に比べると、我慢して飲んでくれるお子さんも増えますが、毎日のことなので、途中で嫌になってしまうお子さんもいらっしゃいます。飲み方の工夫をしなければならない例が多く、まだまだ保護者の方のがんばりが必要な時期です。


アトピー思春期

 心身の成長が盛んで、体の中の変化が活発になってくるので、皮膚症状もより多様になってきます。皮膚全体はより乾燥傾向が激しくなってきます。赤い発疹や盛り上がった湿疹などが混在し、背中や腹、肘やひざの裏側などの皮膚の柔らかい部分にも広い範囲に広がる方が多くなります。
 進学や親子関係、友人関係など精神面での影響が皮膚症状に強い影響を与える方も多くなります。皮膚の状態に併せてメンタルな面の変化にも着目した漢方薬の選択が必要になってくる方が多くなります。

子供のアトピーのスキンケアは漢方薬中心で

 赤ちゃんや乳幼児のアトピースキンケアは、漢方の保湿剤などが好評です。アトピー性皮膚炎の方の皮膚は、どのような皮膚の状態の方の場合でも基本的には皮膚は乾燥しています。皮膚表面が、ジクジクしている方でも浸出液が引いてくると全体に乾燥していることがわかります。
 
西洋薬の保湿剤は、外用剤のみになりますが、(軟膏、クリーム、ローションなど)内服で、体の中から皮膚を潤す作用のあるお薬は漢方薬だけではないでしょうか?

※アレルギー体質について
 アトピー性皮膚炎から始まって、年齢が上がるに伴い、喘息やアレルギー性鼻炎も併発してしまうお子さんも増えてきます。アレルギー体質の改善を目的とした漢方薬の服用により、アトピー性皮膚炎だけでなく他のアレルギー症状も改善されることが多いです。


※体質改善をしっかりとしましょう
 
水戸部クリニックへアトピー性皮膚炎等で受診される方の中には、ご本人が疲労感などを自覚していなくても長期間に渡り体力を消耗し続けている方が多く、体全体の体力や抵抗力などを正常な状態に改善することから始めないと思うような改善効果が見られない方もいらしゃいます。
 目に見える症状ですし、かゆみなどがつらくて早期の改善を強く望む方も多いですが、体の内面からの体質改善には長期に服用を続けていかなければならない方が多いです。次回の受診までの間などで、症状の変化に対して生じる不安やご質問等に電話やメールなどによるご相談も受付けております。


新潟のアトピー治療は、お住まいの地域の気候、生活環境などに合わせて
 
 新潟県内だけでなく、他県から受診して下さる方もいらっしゃいますが、新潟県内でも上・中・下越地区で、天気予報が異なるように、お住まいの地域によって気温や湿度などが異なりますので、体質や症状と共にお住まいの地域の季節の気候なども考慮に入れて処方を検討しています。また、幼稚園、保育園、学校などの環境なども関係していることもございますので、細やかに対応できるように心がけて診療を行っております。

アトピー用の漢方石鹸や保湿ローション、入浴剤など

 新潟の水戸部クリニックでは、アトピー肌用の石鹸、保湿ローション、化粧品、入浴剤などをご紹介しております。クリニックにて購入可能です。保湿効果が高く、乾燥肌の方やアトピー性皮膚炎などの方に大変好評です。

アトピー性皮膚炎の改善はじっくりと

 
健康な皮膚を作る力を整えるためには、長期間を要する方が少なくありません。漢方薬の服用を始めてから改善傾向がみられるまでに期間を要する方、また一時改善に向かっても季節や環境の変化などにより、症状の改善に滞りが起こることもございます。目に見える症状ですし、かゆみやほてりなどのつらい症状を伴いますので、少しでも早い改善を望まれることは当然ですが、あせらずにじっくりと私達と共に体質改善に取り組んでいただきたいと思います。

アトピー関連ページ
アトピー性皮膚炎  赤ちゃんのアトピー 学童期のアトピー 大人のアトピー アトピーのかゆみ
春・夏のアトピー 秋・冬のアトピー 目の周りの湿疹 アトピーのステロイド離脱と漢方


 アトピー性皮膚炎に漢方    赤ちゃん(乳幼児期)のアトピー性皮膚炎 





漢方のお医者さん 水戸部クリニック
内科・消化器科・漢方内科 
新潟県新潟市南区上下諏訪木731−1
025-372-0755

漢方外来を受診の方 受付で「漢方外来希望」とお伝えください。漢方問診表に記入をお願いしております。
 
新潟市中央区からの方は、8号線を白根方面へ  北区、東区からの方は、新潟バイパスを黒崎I.Cで8号線
江南区からの方は、403号線から460号線、8号線へ 秋葉区からの方460号線から8号線を白根方面へ
西区からの方は、西新潟バイパス黒崎I.Cから8号線または、44号線を厳念寺を右折66号線、橋を渡って白根市街((からですとわかりにくい道ですが、早いです)  
西蒲区の方460号から8号線

妙高、柏崎、長岡方面からの方は、三条燕I.Cで高速を降りて8号線の方がわかりやすいです。(長岡の方は、一般道からで十分だそうです。)

村上、胎内方面からの方は、日本海東北自動車道や新新バイパス等より8号線で受診されていらっしゃいます。

水戸部クリニック周辺地図はコチラをご覧下さい。









漢方薬は健康保険適用です



【自宅で診察】
 
「遠隔診療」始めました。

診察時にお問い合わせ下さい。







水戸部クリニック携帯サイト
水戸部クリニックモバイルサイト

携帯サイト引越しました

    
    


毎日が漢方ブログ始めました
(新潟からの日常をお知らせ)

     




 水戸部クリニックHOMEこんな症状に漢方女性の漢方子供の漢方皮膚症状を漢方で水戸部クリニック診療案内健康についてのお話漢方について水戸部クリニックサイトマップ