子供のアトピーに漢方 本文へジャンプ
漢方情報サイトMY漢方・HOME
子供のアトピー治療・我が子に合う漢方薬を見つけたい

子供のアトピーに漢方 
赤ちゃんから思春期までの子供のアトピー性皮膚炎と漢方治療のお話です。成長に伴い、アトピーの症状は変化する場合が多いです。その変化に細やかに対応できるのが漢方薬です。

 西洋医学では、病気や症状が起こっている部分に着目して治療しようという考え方になりますが、東洋医学では、病気や症状の原因となっている体のバランスの乱れを整えることを考えます。

 アトピーなどの皮膚炎の場合は、皮膚の症状の改善(標治)と根本的な体質改善(本治)の両面からの治療を考えます。


赤ちゃんや子供は大人と違って、体の機能も皮膚のバリアー機能も未熟  

 そして、皮膚は、「表皮」、「真皮」、「皮下組織」の三層になっています。一番外側にある「表皮」が、水分を保ったり、感染など外部からの刺激に対するバリアー機能があります。この表皮の厚さは、大人が0.2ミリくらいなのに対して、赤ちゃんの表皮は、0.1ミリくらいしかありません。そして、特に表皮の一番外側の角質層が、大人の皮膚よりも非常に薄いので、外部からの刺激に非常に敏感です。ステロイドなどは、使って欲しくないなあと・・・思っております。

 
皮膚の角質層

赤ちゃんの皮膚の皮脂の分泌量や水分は、大人よりも少ない

 生まれたばかりの赤ちゃんは、お母さんからのホルモンの影響で、皮脂の分泌が盛んですが、すぐに皮脂の分泌量が減り始めます。そのために、空気の乾燥や紫外線、ほこりなど、外からの刺激を受けやすくなります。代謝が活発な為に、汗をかきやすく、汗も刺激となる場合があります。皮脂の分泌量は、思春期の頃から増え始めて、30代をピークに減り始めます。

 また、赤ちゃんや乳幼児は、胃腸の機能がまだ未熟なので、消化しきれない老廃物などが、皮膚に排泄される場合があります。これが、乳児湿疹やアトピー性皮膚炎と考えることができます。

 成長が進むにつれて、体質も複雑に変化し始めるので、より細やかに処方を検討する必要が出てきます。

健康な皮膚を作る力を整える漢方治療

 漢方では、胃腸の機能を整えて、健康な皮膚を作る力を整える治療が中心となります。そして、皮膚表面の炎症を改善する漢方薬と併用する場合が多いです。 

 アトピー症状が出現してから、早い時期に漢方薬による治療を行うと、重症化しにくく、大人のアトピー性皮膚炎に移行しにくいという説もあります。

 ステロイドやタクロリムス軟膏などを併用する場合は、かゆみが激しい時などに、短期間の使用で済ませると、リバウンドも少なく、離脱が早い場合が多いです。ステロイドやタクロリムスを使わない治療を希望される方も多く、そのような方には、漢方薬のみの治療も行っております。

子供のアトピーに漢方



子供のアトピーに漢方



子供のアトピーに漢方


食欲があって、体力があるように見えても、回復力が低下している!?子供のアトピーに漢方
 
アトピーなど、治りにくい皮膚炎等で受診される方の中には、ご本人が疲労感などを自覚していなくても長期間に渡り体力を消耗し続けている方が多く、体全体の体力や抵抗力などを正常な状態に改善することから始めないと思うような改善効果が見られない方もいらしゃいます。
 目に見える症状ですし、かゆみなどがつらくて早期の改善を強く望む方も多いですが、体の内面からの体質改善には長期に服用を続けていかなければならない方が多いです。次回の受診までの間などで、症状の変化に対して生じる不安やご質問等に電話やメールなどによるご相談も受付けております。


アトピー治療は、お住まいの地域の気候、生活環境などに合わせて
 
新潟の漢方外来 新潟県内だけでなく、他県から受診して下さる方もいらっしゃいますが、新潟県内でも上・中・下越地区で、天気予報が異なるように、お住まいの地域によって気温や湿度などが異なりますので、体質や症状と共にお住まいの地域の季節の気候なども考慮に入れて処方を検討しています。また、幼稚園、保育園、学校などの環境なども関係していることもございますので、細やかに対応できるように心がけて診療を行っております。


【全国どこでもオンライン診療】

 
遠方で来院が難しい方には、自宅や職場などでできるオンライン診療が好評です。

オンライン診療について詳しくは、コチラ

全国オンライン診療









アトピー関連ページ
アトピー性皮膚炎  赤ちゃんのアトピー 学童期のアトピー 大人のアトピー アトピーのかゆみ
春・夏のアトピー 秋・冬のアトピー 目の周りの湿疹 アトピーのステロイド離脱と漢方


アトピーに漢方 アトピー性皮膚炎に漢方    赤ちゃんのアトピー赤ちゃん(乳幼児期)のアトピー性皮膚炎 





漢方情報サイト・MY漢方
 
新潟県新潟市南区上下諏訪木731−1

新潟の漢方病院


病院の漢方が人気です
保険適用の漢方





医療用漢方薬は
健康保険適用





子供のアトピーに漢方
子供のアトピーに漢方



新潟の漢方外来









毎日が漢方漢方ブログ
漢方診療の日々や美肌、アンチエイジングのお話も
アトピー性皮膚に漢方



毎日が漢方【自宅で診察】
 
「オンライン診療」始めました。

お電話、メール等でお問い合わせ下さい。

電話
 025-372-0755 



子供のアトピーに漢方
 水戸部クリニックHOMEこんな症状に漢方女性の漢方子供の漢方皮膚症状を漢方で水戸部クリニック診療案内健康についてのお話漢方について水戸部クリニックサイトマップ