乳児湿疹に漢方薬 本文へジャンプ
MY漢方HOME皮膚症状を漢方で>>乳児湿疹と漢方薬

乳児湿疹と漢方薬

 赤ちゃんのお肌にやさしい漢方治療

 乳児湿疹とは、生後1,2週間から、顔にブツブツが出て、首や体に広がる湿疹の総称です。体に出てくることもあります。赤いブツブから始まって顔や体に広がってくる場合もあります。ジュクジュクして、かさぶたができたりすることもあります。月齢によって、湿疹の状態が変わることが多いです。

 生後1,2週間ころからできる新生児にきびは、お母さんからのホルモンの影響によるものなので、1か月くらいでなおることがほとんどです。

 頭皮や顔、髪の毛の生え際や耳にできる赤い湿疹や黄色っぽいかさぶたは、乳児の脂漏性湿疹が多いです。ホルモンの影響で、皮脂の分泌が盛んな生後4か月くらいの赤ちゃんに起こりやすい湿疹です。成長と共に自然に治る場合が多いので、ステロイドは使いたくないなあ・・・と思います。乳児湿疹に漢方
 かさぶたは、オリーブオイルやベビーオイルなどをそうっと塗っておくと、入浴の時に、少しずつ取れてくる場合が多いです。
 炎症が激しくて、かきむしっていたり、かゆみで寝つきが悪いお子さんには、体質改善の漢方薬がお奨めです。体の中から皮膚炎を鎮め、皮膚を整える漢方薬などが効果的です。

 赤ちゃんは汗をかきやすいので、汗によってかぶれたり、あせもができることもあります。赤い小さいブツブツや白い水ぶくれが、お腹や背中だけではなく、首や手首、足首など皮膚のくびれた部分や肘やひざ裏に出る場合もあります。

赤ちゃんは大人と違って、体の機能も皮膚のバリアー機能も未熟

 
皮膚は、「表皮」、「真皮」、「皮下組織」の三層になっています。一番外側にある「表皮」が、水分を保ったり、感染など外部からの刺激に対するバリアー機能があります。この表皮の厚さは、大人が0.2ミリくらいなのに対して、赤ちゃんの表皮は、0.1ミリくらいしかありません。そして、特に表皮の一番外側の角質層が、大人の皮膚よりも非常に薄いので、外部からの刺激に非常に敏感です。ステロイドなどは、使って欲しくないなあと・・・思っております。

 アトピーだと思って受診される方でも、おっぱいかぶれやよだれによる肌荒れの場合もあります。

 
赤ちゃんの皮膚は薄い


 乳児期のお子さんは、味覚の発達が未熟なので、拒否されることが少なく漢方薬を飲ませやすいことが多いです。

漢方薬とスキンケアで脱ステロイド・スベスベのお肌に保険適用の漢方

 赤ちゃんの皮膚炎は、個人差もありますが、ステロイドの塗り薬を全く使用せずに、漢方薬と非ステロイド系の塗り薬で、改善される方が多いです。
 ステロイドを使いたくない方の受診が多いです。

皮膚表面の炎症の改善と体質改善の漢方治療

乳児湿疹に漢方 
東洋医学では、病気や症状の原因となっている体のバランスの乱れを整えることを考えます。アトピーなどの皮膚炎の場合は、皮膚の症状の改善と根本的な体質改善の両面からの治療となります。

 表面に現れている皮膚炎の治療を「標治」、内臓機能を整え、健康な皮膚を作れるように改善する治療を「本治」といいます。

 漢方薬が、一人ひとりの体質や皮膚の状態にきめ細かく対応することにより、乳児湿疹が改善する方が多いです。東洋医学では、「乳児湿疹を皮膚表面だけの炎症ととらえるのではなく、体のバランスの乱れから起こる」との考え方により、体のバランスを整える漢方薬を処方します。そして、皮膚の状態は、季節や周りを取り巻く環境の変化などにより敏感に変化するので、その時の状態に合わせて漢方薬の処方を変えたり、追加したりすることにより症状の改善がみられる方が多いです。


 乳児湿疹による皮膚表面の改善はもちろんですが、体質改善(アレルギー症状を起こしにくい体にすること、内外からの刺激に強い体にすること)が大切です。


ステロイドを使わない治療
乳児湿疹に漢方

新潟の漢方皮膚科


アトピー性皮膚炎の改善はじっくりと

 健康な皮膚を作る力を整える(アレルギー体質の改善)ためには、長期間を要する方が少なくありません。漢方薬の服用を始めてから改善傾向がみられるまでに期間を要する方、また一時改善に向かっても季節や環境の変化などにより、症状の改善に滞りが起こることもございます。目に見える症状ですし、かゆみやほてりなどのつらい症状を伴いますので、少しでも早い改善を望まれることは当然ですが、あせらずにじっくりと私達と共に体質改善に取り組んでいただきたいと思います。



【全国どこでもオンライン診療】

 
遠方で来院が難しい方には、自宅や職場などでできるオンライン診療が好評です。

オンライン診療について詳しくは、コチラ

全国オンライン診療












アトピー関連ページ


アトピー性皮膚炎 子供のアトピー 学童期のアトピー
思春期のアトピー アトピーのかゆみ 目の周りの湿疹
春・夏のアトピー 秋・冬のアトピー 漢方のアトピーへの効果



子供のアトピーに漢方子供のアトピー性皮膚炎と漢方 学童期のアトピーに漢方幼少期・学童期のアトピー性皮膚炎を漢方で




私の漢方情報サイト・MY漢方
 
新潟県新潟市南区上下諏訪木731−1

新潟の漢方皮膚科




ステロイドを使わない治療
乳児湿疹に漢方

新潟の漢方外来




漢方薬が人気の理由
保険適用の漢方





 健康保険適用です。


毎日が漢方【自宅で診察】
 
「オンライン診療」

お電話、メール等でお問い合わせ下さい。

電話
025-372-0755




毎日が漢方漢方ブログ
漢方診療の日々や美肌、アンチエイジングのお話も
アトピー性皮膚に漢方










  

     



























ステロイドを使わない治療
乳児湿疹に漢方


新潟の漢方外来




【自宅で診察】
 
「オンライン診療」

お電話、メール等でお問い合わせ下さい。

電話
025-372-0755
 水戸部クリニックHOMEこんな症状に漢方女性の漢方子供の漢方皮膚症状を漢方で水戸部クリニック診療案内健康についてのお話漢方について水戸部クリニックのサイトマップ