本文へジャンプ
新潟の水戸部クリニックHOME

大人、思春期以降のアトピー性皮膚炎を漢方で

皮膚科症状は体の中から改善

 アトピー性皮膚炎は成長に伴い治る方がほとんどでしたが、近年では、大人になっても治ることなく、症状が激しくなったり、思春期や成人になり、疲労やストレスで突然にアトピー症状が出現する方が増える傾向にあります
 また、アトピーが治っても皮膚の黒ずみ(色素沈着)に悩む方のご相談も多いです。新潟の季節変化にも対応した漢方薬による体質改善により、アトピー性皮膚炎の症状が軽減されたり、症状が出なくなる方、色素沈着が薄くなる方が多いです。またアトピー用の石鹸や化粧品、保湿ローション、入浴剤などをご紹介しております。



HPが移動しました。
http://mitobe-clinic.life.coocan.jp/ato.ad.htm


 
モバイルフレンドリーサイトはこちら




幼少期のアトピーに比べると、ほとんど治りかけの状態に見えるが、それ以上よくならないですが・・・

 
成長するにつれて、炎症が落ち着いてきた方の中で、かゆみや軽度の炎症が改善することなく、苦痛で来院される方がいらっしゃいます。他の症状の方同様に細かな体質チェックをさせていただくことにより、その方の体質に合う漢方薬を処方致します。継続して服用を続けることにより、完治する方やほとんど気にならない程度まで改善する方が多いです。

アトピー性皮膚炎が治った後の色素沈着(皮膚の黒ずみ)をきれいになりますか? 

 乳幼児期などからのアトピー性皮膚炎のために、皮膚の一部が黒ずんでしまうことがあります。長期に渡り掻き続ける刺激による方、ステロイド外用剤の長期連用や改善・悪化を繰り返したためなど、原因は様々ですが、漢方薬の服用により、徐々に色素沈着が薄くなる方がいらっしゃいます。









試験や仕事、人間関係などのストレスで悪化するアトピー
 ストレスに弱い方、ストレスが多い環境にいらっしゃる方、とてもデリケートな方は、強いストレスを感じた時や継続してストレスを感じた場合に皮膚症状が悪化したり、イライラや不眠などの症状を伴う方が多いです。このような方には、漢方薬の中でリラックス効果のある生薬が入っている漢方薬を選択したり、ストレスにより体全体の消耗が激しい方には、体全体の疲労感を改善する作用のある生薬を基本とする漢方薬と共に服用することにより、症状が改善することが多いです。



 ステロイド剤が効かなくなってきた方、ステロイド剤を塗ると悪化するアトピー
 
何年もの間、ステロイド外用剤を塗り続けてきた方に多く、ステロイド外用剤によって体の中に抑え込んでいた皮膚の炎症を抑えきれなくなり、思うような改善がみられないと、漢方薬を求めて受診される方が多くなりました。
 漢方薬には、アトピー性皮膚炎だけに限らず、体に起きている炎症やアレルギー反応などを患者さん自信の力で治そうとする力「自然治癒力」を上げる作用を持つものが多いので、症状の改善と共に他の不快症状も改善する方が多いです。



アトピー性皮膚炎に「にきび治療」も希望される方
 「ジクジク型」、「カサカサ型」、「混在型」と様々な症状のアトピー性皮膚炎に加えて、にきびの状態も「赤くて化膿しているにきび」、「白くて小さいにきび」、「皮膚全体が油っぽいにきび」、「黄色がかったにきび」など様々ですが、それぞれの症状にあった漢方薬の服用で、アトピー性皮膚炎のみではなく、にきびと両方の症状が改善した方より喜びの声を聞くことが多いです。


喘息やアレルギー性鼻炎など他のアレルギー症状も伴う方 
 アトピー性皮膚炎に他のアレルギー症状を伴う方も多いです。季節により症状が変わりやすく、アトピー性皮膚炎の症状に伴って、他にアレルギー症状も悪化・改善を繰り返す方、アトピー性皮膚炎の症状が改善すると喘息やアレルギー性鼻炎の症状が悪化する方など、症状の変化だけに着目しても一人ひとり異なります。この体質や症状の違いに細やかに対応するのが漢方薬です。アトピー性皮膚炎に対してだけではなく、アレルギー体質全体の改善を目的として漢方薬を処方します。



アトピーの方のための石鹸や化粧品、入浴剤をご紹介しております。
 アトピー性皮膚炎の肌はカサカサタイプの方でもジクジクが多い方でも基本的には乾燥しています。水戸部クリニックにて、漢方の入浴剤や石鹸、化粧品、入浴剤をご紹介しております。クリニックにて購入可能です。保湿効果が高く、乾燥肌の方やアトピー性皮膚炎などの方に大変好評です。漢方石鹸はシャンプーとして洗髪もできます。保湿効果の高い化粧水やボディローションも好評です。

アトピー性皮膚炎の改善はじっくりと
 健康な皮膚を作る力を整えるためには、長期間を要する方が少なくありません。漢方薬の服用を始めてから改善傾向がみられるまでに期間を要する方、また一時改善に向かっても季節や環境の変化などにより、症状の改善に滞りが起こることもございます。目に見える症状ですし、かゆみやほてりなどのつらい症状を伴いますので、少しでも早い改善を望まれることは当然ですが、あせらずにじっくりと私達と共に体質改善に取り組んでいただきたいと思います。

新潟のアトピー治療は、お住まいの地域の気候、生活環境などに合わせて
 
 新潟県内だけでなく、他県から受診して下さる方もいらっしゃいますが、新潟県内でも上・中・下越地区で、天気予報が異なるように、お住まいの地域によって気温や湿度などが異なりますので、体質や症状と共にお住まいの地域の季節の気候なども考慮に入れて処方を検討しています。また、学校や職場などの環境なども関係していることもございますので、細やかに対応できるように心がけて診療を行っております。


アトピー関連ページ

アトピー性皮膚炎  赤ちゃんのアトピー 学童期のアトピー 子供のアトピー アトピーのかゆみ
春・夏のアトピー 秋・冬のアトピー  目の周りの湿疹 アトピーとステロイド離脱と漢方


幼少期・学童期のアトピー性皮膚炎を漢方で


アトピーとステロイド離脱と漢方





漢方のお医者さん 水戸部クリニック
内科・消化器科・漢方内科
新潟県新潟市南区上下諏訪木731−1
025−372−0755


漢方外来を受診の方 受付で「漢方外来希望」とお伝えください。漢方問診表に記入をお願いしております。
 
新潟市中央区からの方は、8号線を白根方面へ  北区、東区からの方は、新潟バイパスを黒崎I.Cで8号線
江南区からの方 403号線から460号線、8号線へ 秋葉区からの方460号線から8号線を白根方面へ
西区からの方は、西新潟バイパス黒崎I.Cから8号線または、44号線を厳念寺を右折66号線、橋を渡って白根市街((からですとわかりにくい道ですが、早いです)  
西蒲区の方460号から8号線

妙高、柏崎、長岡方面からの方は、三条燕I.Cで高速を降りて8号線の方がわかりやすいです。(長岡の方は、一般道からで十分だそうです。)

村上、胎内方面からの方は、日本海東北自動車道や新新バイパス等より8号線で受診されていらっしゃいます。

水戸部クリニック周辺地図はコチラをご覧下さい。




※水戸部クリニックHPにおける記述・記載・イラスト(MPCさんのイラストをHP担当が、がんばって加工させていただいております。)など全ての転載を禁止します。


漢方薬が人気の理由

健康保険適用なので
続けやすい




【自宅で診察】
 
「遠隔診療」始めました。

診察時にお問い合わせ下さい。








水戸部クリニックモバイル水戸部クリニックの携帯サイト
携帯サイト引越しました

   
   


毎日が漢方
漢方ブログ始めました
 
   











新潟の漢方なら水戸部クリニック

 水戸部クリニックHOMEこんな症状に漢方女性の漢方子供の漢方皮膚症状を漢方で水戸部クリニック診療案内健康についてのお話漢方について水戸部クリニックサイトマップ